Jimdoを通して沖縄の時代背景に触れること

先日の福岡に続いて沖縄へ行って来ました!

今回は沖縄と宮古島について少し書いていこうと思います。

 

沖縄のイメージ写真です
こちらはイメージです。海は見に行けませんでした。

沖縄にいてみえるもの


琉球朝日放送のキャラクター
琉球放送前 あいにくの曇り空でした

 

 今回の出張の目的は、番組収録とセミナー開催、そして沖縄メディアへのご挨拶でしたが、自分自身で現場を見たいという気持ちもありました。昨年からJimdoのテレビCMをさまざまな地域で放映していますが、その中に沖縄も含まれていて、ちょうど私たちが滞在していた時も流れていました。タイミング良かったはずなのに、ほとんどホテルにいなかったので結局見られませんでした...orz.。

 

沖縄では、Jimdoを利用してくださっているオーダーメイドの三線を作り続けるみなみ三線店の店主、枝川 勝さんに出演してもらったバージョンを中心に流しました。

 

●テレビCM動画はこちら!:Jimdo (ジンドゥー) TV CM「沖縄三線職人」篇 by JimdoJapan

 

こちらの動画撮影とユーザーストーリーの撮影も別で進行していて、その動画の中で枝川さんが、「沖縄の方言や文化をなくそうという時代があったんです」と話されているのが印象的でした。なぜなくそうとしたのだろう、沖縄の言葉で会話するとどうなるのだろうかと思ってしまいました。調べてみると、明治末期の頃、学校教育の場で標準語の普及運動が行われていたそうで、沖縄の方言で話すことも禁止されていたときがあったそうです。

 

その後も方言が時代遅れである意識が根付いて、長い間沖縄の言葉に対して消極的な状況が続いていたそうです。それから年月が経ち、いまでは文化の継承や沖縄の言葉を残していこうという取り組みへ変わってきていて、2006年には毎年9月18日を「しまくとぅばの日(=島言葉)」の日と制定し、島言葉への理解や関心を深める活動が進められています。

 

この日枝川さんにもお会いできたのですが、「三線を弾く人はそんなにいないよ」ということをお聞きしました。もっと歴史を知らないと見えてこないし、さまざまな事情が関係していると考えられますが、個人的には沖縄独自の文化や言葉は先代の人たちの思いとともに伝えられているので、今後も新しいものを積み重ねていきながら、後世につないでいってほしい気持ちです。

 

また沖縄に行くときは、そういう時代もあったことを踏まえてもう一度見たいと思いました。

深夜0時を回って目の前を軍の輸送機が通り過ぎる姿をみて、これがここの日常なんだなと思いながらその日は帰宅しました

 

そして、こちらはユーザーストーリーの撮影風景。ヘビの皮を広げ、適したサイズに裁断します。

 

蛇の皮を裁断しています
裁断されたヘビ皮、クルッと丸まる
裁断されたヘビ皮、クルッと丸まる
オーダーメイドの三線です
できあがったオーダーメイドの三線

枝川さんのブログではいろいろな三線が見られます。

こちらができあがったユーザーストーリーの動画。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

2日目、金曜日のゆうわく♡


さて、滞在2日目は「金曜日のゆうわく」という番組でJimdoを紹介するお時間をいただき、RBC琉球放送で収録が行われました。明日3月4日(金) 朝9:55から放送されますので、ぜひ沖縄にお住まいの方の目に止まってくれたら嬉しいなと思います。もちろんそのために沖縄へ行くも良しです!!(もう間に合わない)

 

番組には取締役副社長の高畑とJimdo事業部の谷津が出演。収録中は、2人とも少し緊張している様子でした。

 

金曜日のゆうわく収録中
PCの設定中

 

番組MCを務める田仲メリアンさんがとてもかわいかった (*´ω`*)。

緊張が伝わりそうな中、空気を明るくしてくれていたように思いました。番組の内装もメリアンさんのようにかわいくて思わずキョロキョロ。

 

このとき、一番難しいポイントがJimdoという発音でした。もともとドイツのサービスということもあり、日本には馴染みがない音でイメージしづらいのです。正しい発音は、頭にアクセントがあり、「ジン↑ドゥー↓」となります。ジンの部分でパッ!と勢い良く発声し、ドゥーの部分はそのまま力を加えず下ろす感じ。よくあるのが「ジン→ドゥー↓」と音を平らにして発音するパターン。小さな違いですが、ぜひこれからは「ジン↑ドゥー↓」と発音していただければ嬉しいです!

 

ちなみにJimdoという名前の由来、実は「Jim=ジム:よくある名前+do=〜する」を組み合わせていて、ジム(不特定の人)がする=ジムもできる=誰でもJimdoでサイトが作れる!というところからJimdoになったという噂も(※諸説ある)。

 

 

この日は無事に収録を終え、最後に写真を撮らせてもらいました!

 

 

田仲メリアンさんとJimdoメンバーで写真

 

 

こっちも本番!翌日のセミナー!


沖縄でJimdoセミナーを開催した時の様子
沖縄のセミナーの様子

 

翌日から2日間続けて那覇と宮古島でJimdoのセミナーを開催しました。那覇では、セミナー後にはユーザーのみなさんとの交流の場であるMeetupの時間を設けていて、いろいろな話が聞けました。中には新聞をみて当日参加してくださった方もいて、一人小さくガッツポーズしていたのでした。お許しください。

 

福岡に次いで沖縄の人たちを見て、東京の反応とはまた違うことを実感しました。沖縄は、特に親戚つながりや口コミといったコミュニティが深いので、これからもみなさんにとって役立つものであり、寄り添えるJimdoでありたいなと感じました。

 

沖縄にはJimdoについて相談できるJimdoCafe 西原町がありますので、もっとJimdoについて知りたい!という方はぜひ活用いただければと思います。オーナーの上野さんはとても気さくで、そもそもネットって何?というところから説明してくれるくらい、丁寧に対応してくださいます。

 

 

今回私は那覇で解散し、翌日の宮古島セミナーはJimdo事業部の谷津ががんばってこなしてくれました。宮古島といえば、「オトーリ」の習慣があるのはご存知でしょうか?私自身初耳で、谷津が今回初体験してきました。オトーリグラスに、泡盛と表面張力なみなみまで水を注ぎ、順番に飲み干していくというもの。その中にはルールがあり、口上というスピーチの時間で自己紹介や普段言わない感謝を述べていくそうです。この時もありがとうという気持ちを伝えている方が多かったみたい。お酒を飲み干すのはちょっときついかもしれませんが、宮古島の温かさに触れられる習わしな気がしました。

 

うん、いいなあ。あったかいなあ。

 

きっと2日間のイベントが無事終わり、いつも以上に陽気な谷津の姿が見れたのではないかと想像しました。いずれにせよお疲れさまでした!

 

沖縄では、次回スペシャルゲストを招いて5月にイベントを開催する予定です。

ぜひまたその時にお会いできれば幸いです。

 

那覇空港からの景色


 

ホームページ作成サービスJimdo

 

【さまざまな職種で募集中!】

KDDIウェブコミュニケーションズ 求人情報

【Twitterでもつぶやき中!】

KDDIウェブコミュニケーションズTwitter