年に一度のJimdoイベントは、決済にフォントに内容盛りだくさんでした。

11月7日(土)、年に一度のJimdoユーザーのためのイベント「PAGES(ペイジズ)」が行われました。ドイツからもスタッフが駆けつけるとのことだったので、今年も参加してきました。

 

昨年は、Jimdo創業者の一人 フライデルが講演しましたが、今年はマーケティングマネージャー兼ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)のカントリーマネージャーも務めるクリス・ヒルバートが初来日&講演しました。ドイツで生まれたサービスが、縁もゆかりもないこの日本で、これだけ多くの方々に愛されるサービスにまで成長したことが、なにより実感できたイベントでした。


イベントまでの道のり


Jimdo

当社がJimdo社とパートナーシップを持ち、日本で提供をはじめてから丸6年が経ちました。今年はブランドロゴ&メッセージの大幅刷新を行い、日本では100万サイト突破にテレビCMの実施、続けて今回のユーザーイベントを開催するなど、止めどなく攻めの展開をしてきました。

 

当初は、新規事業のひとつとしてJimdoJapanは立ち上がり、潤沢な予算がない中試行錯誤の日々だったそうです。セミナーを開催しても誰も訪れない・・・という苦い経験を乗り越えながら、みなさんに知ってもらえるよう活動を続け、いまでは何百という方がイベントに訪れるまでに成長しました。

 

今回、新しいレイアウト「東京」やアワード授賞などいくつか発表がありましたが、ここでは私の主観でピックアップしてお伝えしたいと思います。詳しくは、Jimdoスタッフブログのレポートをご覧ください。なお、ユーザーさまへの正式な発表はJimdoから別途お知らせします。

 

トピック1:ネットショップに朗報、決済機能の大幅拡張!


Jimdo PAGES
インターナショナル・マーケティング・マネージャー クリス・ヒルバート

Jimdoでネットショップを運営している人たちにとっては、ぜひ利用してほしい機能かなと思います。

 

ネットショップで欠かせないのがオンライン決済ですが、既存のPayPalに加えStripeを導入します。

 

Stripeは、アメリカのサンフランシスコで誕生したサービスで、簡単にクレジットカードなどの決済サービスを組み込めるというもの。FacebookやTwitterなど普段何気なく使っているサービスにもStripeは導入されています。爆発的に世界中で広まり、日本ではベータ版の提供がはじまっています。クリスからは、来年中には提供できるようにしたい、とのことでした。

 

PayPalもクレジットカード決済サービスですが、すこし画面が分かりづらくて迷われる方もいたため、シンプルな決済画面のStripeが使えるのは朗報ですね。

 

Jimdo PAGES


トピック2:「フォント、早速使ってます。」←コレ


日本向け機能の拡充についてカントリーマネージャーの駒井から話がありましたが、そのひとつであるモリサワフォントについて。

 

お客さまのスイッチボタンオン!により、その場で解禁したのがあらゆる日本語フォントを有するモリサワの提供です。フォントが大幅に増えています。もう数えるのも面倒・・・というより数えられません。

 

これまでは、上位プランの「JimdoBusiness(2,415円/月)」のみで54書体を提供していましたが、これからは、「JimdoPro(945円/月)」に15書体、Businessでは54→176書体も利用できるようになりました(無料の「JimdoFree」は対象外です...)。

 

日本語はひらがな、カタカナ、漢字とあらゆる形の文字があるので、フォントを使い分けることで、よりホームページの雰囲気にあった表現ができると思います。

 

私はというと、裏ルートからの根回しにより、ちゃっかりBusinessを使わせてもらっています。そして、早速見出し部分に反映してみました。これはシネマレターというフォント。たぶん女度が上がっているはず(※あれからいろいろ試して別のフォントに落ち着きました。シネマレターもかわいいフォントです)。

 

カントリーマネージャー 駒井健生
カントリーマネージャー 駒井健生


ご紹介、ドイツに唯一の日本チームがいます。


Jimdo
コミュニティサポーター クリストフ・クライン

今回、クリスとともに来日したのがドイツ側の日本チーム、クリストフです。よくJimdoスタッフが日本語と英語を交えてビデオチャットしていますが、その相手が彼だそう。日本向け機能をサポートする影の立役者です。

 

よく見たら、日本人に混じってJimdoJapanチームに含まれていました。彼は日本語が堪能なコミュニティサポーター。初めてお会いしましたがとてもフレンドリーな方で、さすが自称コミュニケーション侍というだけありました。

 

イベント前夜祭にて
イベント前夜祭にて

イベント時は、限られた時間の中でしたが、来場者とコミュニケーションを取っていました。


FUN* WORKS(よい仕事)の合間にCoffee break(よい休憩)を。


ノベルティでお渡ししたオリジナルマグカップについて少し。

 

社内のデザインチームとJimdoメンバーとで、ブランドメッセージ FUN* WORKSをキーワードにマグカップをデザインしました。製作するにあたって、実物を見ないとわからない!ということで、陶磁器専門のメーカーさんにサンプルをたくさん送ってもらい、形や質がよりイメージにぴったり合うものをあれやこれやと選んだそう。

 

うわぐすりで内面にJimdoのブランドカラー5色を演出し、ラッピングの包装紙では、Jimdoのユーザーさんを思い浮かべ、楽器やフライパン、ミシンなどJimdoを使ってさまざまな情報を発信していることをイメージしています。

 

FUN WORKS(よい仕事)の息抜きのお供にしていただければと思います。 

 

ちなみに、FUN* WORKSの「*」には "because with fun anybody can do great things"=「楽しむことで最高のものができる」 という意味が込められているんです。

 

Jimdo
内側にFUN* WORKSの文字
Jimdo事業部 谷津
Jimdo事業部 谷津



最後に関係者で集合写真。

 

イベント運営に関わったJimdoCafe、JimdoExpert、JimdoEvangelist、そして当社スタッフにクリス&クリストフ。みなさんおつかれさまでした!

 

Photo:Shigenobu Nabesaka / SUNSTUDIO

Photo Gallery