たった3つの工夫で変わる、サイト運営者が取り入れるべきポイント

-THE WEB EC SUMMIT 2014 を振り返る-


the web ec summit 2014

(※下部に当日の写真をいくつか載せていますので、ぜひご覧ください!)


9月25日(木) ホームページやネットショップ作成サービスを展開する企業5社が集い、ECサイトを運営する上での成功の秘訣を伝えるイベント「THE WEB EC SUMMIT 2014」が開催されました。BASEブラケットGMOペパボデジタルステージ、そして当社を含めた5社が、「ECサイトで成功するためには」というテーマのもと、それぞれのストーリーをお話しします。 

 

東洋経済オンラインさんや、ITmediaさんなど、多くのメディアの方々にご協力いただいたおかげで、イベントはキャンセル待ちという嬉しい状況の半面、一部の応募者の方へ申し訳ない気持ちの半分半分でした。

 

参加できなかったという方は、来場者の方がブログでレポートしてくださっていたので、こちらも合わせてご覧いただければと思います。

 

「THE WEB EC SUMMIT 2014でコンテンツの大切さを感じてきた 」

http://blog.junkword.net/event/the-web-ec-summit-2014.php

感謝です〜。(-人-)

私からは、サイトを運営している方はぜひ取り入れるべき!と思った3つのポイントをご紹介したいと思います。 

 

1. 自分が載せたい情報ではなく、サイトを訪れた人が知りたい情報を載せるべし


jimdo the web ec summit

言葉で言われると「ごもっとも」という感じがしますが、気をつけていても、利用者が知りたいと思う情報がページの中に埋もれていたり、いやいやそれ以前に抜け落ちていたり、はたまた情報を載せすぎて、伝えるべき軸がぶれてしまっているというものもあります。

 

そうした時、「自分が訪問者だったら」という立場で一歩引き、自分のウェブサイトを眺めてみることが重要です。また、自分の競合となるサイトや、これは真似したいと思うサイトと比較することで、不足している部分が浮かび上がってきます。

 

最初は画面とにらめっこしがちですが、1日置いて頭をリセットすることで、違う視点で捉えられます。また、1人で作業している人は、セミナーなどに積極的に参加することで悩みを解決する糸口が見つけやすくなるので、非常におすすめです(たとえば当社が提供するホームページ作成サービス「Jimdo」だと、こんなセミナーを定期的に行っています!)。 

 

2. 掲載する写真や見た目には、徹底的にこだわるべし


stores.jp the web ec summit

各社が口を揃えて話していたのは、掲載する写真などの見た目部分です。

 

ウェブサイトの滞在時間はびっくりするほどほんの一瞬です。その一瞬で伝えたい情報を印象づけ、興味を惹かせなければなりません。なんとなくイメージ写真を載せているだけ....という方がいましたら、サイトの見た目を変えるだけでだいぶ見違えるので、ぜひ取り入れていただきたいです。

 

最善策は、プロの写真家やデザイナーにお願いすることです。もちろん費用が発生しますが、プロである分期待以上のものをもたらしてくれます。

 

どうしても難しいという場合は、自分で行うこともできますが、できれば一眼レフで撮影した方が断然良いです。一眼レフを持っていないという場合は、携帯カメラで撮影することもできます。その場合は、写真加工アプリを効果的に利用することをおすすめします。

 

ちなみに私がこのブログで使っている写真は、主にMacBook内蔵アプリの「iPhoto」や、Googleが提供する「Picasa」などで加工しています(今回はプロのカメラマンの方に撮影していただいたので、加工していません)。カメラアプリはいろいろとあるので、実際に試してみて、使いやすいものを利用すると良いかと思います。

 

3. SNSやブログ、それぞれのメリットを活かして使い分けるべし


SNS

SNSは、ファンとのコミュニケーションに適したツールで、押し売り営業のような営利目的にはあまり向いていません。ファンとは、あなたの投稿になにかしらの関心をもってくれていて、応援したい、好きだという気持ちのもと、「いいね」や「フォロー」といったアクションをしてくれます。SNSの最大の強みは拡散力です。拡散の連鎖を生むにはどうしたら良いのだろうか?ということを考えながらSNSを投稿すると、少しずつ変わってくると思います。

 

ブログ

一方ブログは、サービスに対する想いや考え方を伝える際に向いています。ブログに辿り着くまでの経路(リンク)がたくさんあればあるほど、多くの方に見つけてもらいやすいですが、はじめのうちは地道な作業で、更新しても誰も気づいてくれないということがあります(私もそうでした、いや、「そうです」といったほうが正しいデスネ...(泣)。

 

記事が増え、ちゃんと想いが伝わる内容を書き続ければ、そのブログは多くの方が訪れるようになります。また、SNSとセットで更新することで、SNSでつながっている人たちへ「更新しましたよ!見てくださいねー!」という拡散の役目を果たします。 

 

簡単に使えるツールだからこそ、細部までこだわるべし


はじめは積極的に更新し、ユーザー数もどんどん増加し更新が楽しく感じる期間がありますが、ユーザーの伸びがある時点から鈍化し、更新してもその分の成果が出てこない時期がきます。そうなると、更新回数もだんだん減り、ウェブに時間をかけなくなり、最後の更新からあっという間に1年が経っていた....ということがあります。

 

今回個人的にイベントを聞いて感じたのは、簡単なツールがあっても、決して手を抜いてはいけないということ。

便利なツールは大いに享受すべき点ですが、だからといってすべてを楽にやっていては、そのウェブサイトは成長しません。どれだけウェブサイトの可能性を広げられるかは自分次第です。自分が成長してこそ、ウェブサイトも育っていくのだと感じました。


広報ブログはというと...

この広報ブログの軸は、「会社の情報を正しくみなさんにお届けすること」です。すでにブログに気づいていただき、足を運んでくださっている方もいらっしゃいますが、いまだ出会えていない”だれか”に、このブログを通して会社を知っていただき、いいなと興味を思ってもらう人を増やしていくことが、ブログを続けていく所以です。過去の記事を見返すと(読み返すと恥ずかしい...)スタッフの想いや会社の想いという部分が伝わるようにと綴っています(たぶん...あ、あれ。あまりないかも。ブログのライバル阿部に弱腰ながらケチつけようと挑む記事がちらほらあるだけですかね...ハイ)。


THE WEB EC SUMMIT 2014は、今回で最後なのか、2015も開催されるのかはまだわかりませんが、来場した方は早速行動を起こして欲しいと思いますし、来場できなかった方もこのブログがキッカケとなれば幸いです。

 

 当日のイケてる写真をいくつか掲載していますので、どうぞご覧ください。

よく見ると、GMOペパボ 佐藤さんの胸ポケットにトーストパンが!!!


Photo Gallery


イベント登壇企業が提供するサービス

➤ネットショップ構築ツール「BASE」 https://thebase.in/

➤オンラインストア作成サービス「STORES.jp」https://stores.jp/

➤ホームページ作成サービス「BiND Cloud」http://bindcloud.jp/

➤オンラインマーケット「minne」http://minne.com/

➤ホームページ作成サービス「Jimdo」http://jp.jimdo.com/