次に起業するのは誰だ。

Connect the Dots

8月7日、Connect the Dotsという起業に興味がある学生向けのセミナーが行われました。5日間の集中プログラムとなっており、学生たちは、当社をはじめさまざまな会社に訪れ、起業テクニックや、ビジネスの始め方について学びます。なんと100名以上もの応募があったそうですが、そのうち本プログラムに参加できたのは20名ほど。そんな人気プログラムに参加していた学生たちは、英語が堪能な方がほとんどで、よくある学生向けのセミナーとは少し雰囲気が違いました。 

 

多くの人にサービスを知ってもらうということ

KDDIウェブコミュニケーションズ

当社では、ドイツ発ホームページ作成サービス「Jimdo」やサンフランシスコ発のクラウド電話API「Twilio」など、海外のサービスを日本に持ち込み、事業として展開しています。起業を学ぶためのセミナーということで、取締役副社長の高畑哲平より、Jimdoの事例をもとに、日本での提供開始に至るまでの取り組みをお話させていただきました。認知がないサービスをどうしたら多くの方に広め、知ってもらえるのかなど、起業をする上で重要なポイントについてお伝えしました。

 

KDDIウェブコミュニケーションズ 高畑哲平

真剣に聞く学生たち。パソコンを持参しその場で調べている方も。

 

KDDIウェブコミュニケーションズ

その後のグループワークでは、「Twilio」の事業責任者である小出範幸も講師として参加し、みなさんに起業に関するアドバイスをします。 

 

クラウド上で、請求書や見積書などを作成・管理できるサービスを手がけるメイクリープス株式会社のCEO Jason Winderさん。日本語も堪能ですが、学生との会話はほとんどが英語でした。

 

ベンチャー起業への支援を行う伊藤忠テクノロジーベンチャーズの億田正貴さん(なんとも縁起の良い漢字!)や、

 

アドバイザーの中には「見切り発車」の著者である株式会社ウィズグループの代表 奥田浩美さんもいらっしゃいました!ちなみにこちらのサイトではJimdoを利用してくださっています。ありがたや(-人-)。

 

まとめ

セミナーやグループワークを通して最も印象的だったのは、学生さんたちの真剣な視線です。起業という大きな目標に向かって進もうとしている強い意志をみなさんの姿勢から感じました。社会人になると、こういった学生と出会う機会は減り、目の前にある仕事に集中しがちです。今回のセミナーで、自分自身について考える場を与えられたような、新鮮な気持ちを覚えました(起業までは考えていませんが笑)。 学生にとっても、今回のセミナーを通して、なにか感じるものを持ち帰っていただければ幸いです。

 

最後に。起業も良いですが、就職するなら「うち」もオススメですよ?☆

 

学生さんたちにいただいた色紙。KDDI”ウェブコミュニケーションズ”が抜けているところが気になりますね(笑)。

みなさんありがとうございました!

 


KDDIウェブコミュニケーションズ採用情報:http://www.kddi-webcommunications.co.jp/recruit/index.html