広報ブログでウェブマスターになるために。


この広報ブログがスタートして2か月ほど経ちました。自分でホームページを運営していていると、まず気になるのがアクセス数ではないでしょうか。自分のウェブサイトにどれくらいの人がアクセスしているのか、またどこを経由して閲覧しているのかなど、解析ツールを入れることで、確認できるようになります。私の場合、ホームページ作成サービス「Jimdo」が、Googleさんの提供するGoogle Analyticsというアクセス解析ツールと連携しているので、容易に繋げることができました。まだGoogle Analytics を使っていないという方は、Jimdoのページで紹介していますので、参考になさってください。

Google Analyticsの設定方法


・・・と、あたかもアクセス解析してマーケティングしているようにお伝えしたいところですが、所詮素人なので、Google Analyticsを入れたり、SEOっぽいことをしてみても、何が改善されているのか、そもそも問題点はどこなのかといったことがわからないのです。そんな困っているところに見つけたのが、当社のレンタルサーバー「CPI」とコラボしているコラム「沈黙のWebマーケティング」です。このコラムサイトでは「今夜も俺のインデックスが加速するッ!」というフレーズでお馴染み(?)ボーン・片桐が、ウェブマーケティングとは何たるかや、SEOなどについて教えてくれます。物語になっているので、文章だけでは伝わりづらい内容を、より理解しやすいように作られています。

沈黙のWebマーケティング -Webマーケッターボーンの逆襲-

今回は、このコラムサイトを参考にしながら、今後ホームページを運営する上で重要なウェブマーケティングについてお伝えしたいと思います!!!

ウェブマスターツールを使ってみる。

ボーン・片桐のくせのあるキャラクターに気を取られますが、それは置いといて。

まず読んでいくと登場するのが「ウェブマスターツール」です。え?Google Analyticsではないの?と思ってしまいましたが、こちらもGoogleさんが提供するツールで、自分のウェブサイトの詳細なレポートを表示したり、自分のサイトに問題がないかの検知をしてくれます。しかも無料!

これは入れておくべきだ!と思い、早速設定してみました。

*私のブログで利用しているホームページ作成サービス「Jimdo」では、ウェブマスターツールとのつなげ方を掲載しているので、ご参考ください。

ウェブマスターツールの設定方法

Google Analyticsとウェブマスターツールの役割

では、なぜウェブマスターツールを入れる必要があるのでしょうか?詳細なアクセスレポートが確認できるGoogle Analyticsで十分のように思いますが、この2つは役割が全く異なるのです。

Google Analytics

Google Analyticsは、ウェブサイトの解析、つまり詳細なレポートを提供するツールです。これにより、利用者は自分のウェブサイトのアクセス数、言語、国、ブラウザ、新規・既存ユーザー、サイトの滞在時間・・・・などなど細かな情報を確認することができます。この情報から、たとえばユーザーが何に興味をもち、どんな情報を欲しているのかや、離脱が多いページを可視化し、問題点を把握することができます。

ウェブマスターツール

一方ウェブマスターツールは、ウェブサイトの状態を確認するためのもので、なんらかの問題が起きた時に、Googleから警告アラームを受けとることなどができます。いわば、ウェブサイトの定期健診のようなもので、Google Analytics同様こちらもウェブサイトを運営するにあたって重要なツールなのです。どちらか一方で十分というよりは、用途を分けて両方持っていたほうが効果的なのです。

では、さっそくウェブマスターツールを利用してみます(自分のサイトがどうなっているのかドキドキ・・・)


・・・・・・・・・


んー機能がいっぱいあるのですが、使い方がわからない。このままでは進まないので、ウェブマスターツールを普段から駆使している当社のマーケティング担当者に教えてもらいました!


写真中央に写っているのが、KDDIウェブコミュニケーションズ クラウドホスティング事業本部 マーケティング部の吉田です。密かに沈黙のWebマーケティングのコラムに出てくる同姓の「吉田」というキャラクターにそっくりだと思っています(本人に聞いたら、全然違うとのこと)。でも、すごく似ています。こちらがコラムで登場する吉田さん。

マーケティングに詳しいところも含め、雰囲気がそっくりです(詳細はこちらをご覧ください)。

→第5話「コンテンツSEOの誘惑

さて、当社の吉田がウェブマスターツールで主に利用しているのは、以下になるそう。

  1. どのサイトからリンクされているかの確認
  2. 検索キーワードと検索順位の確認
  3. 検索結果に表示させたくないページをGoogle検索の結果から除外する
  4. サイトメッセージから確認スパムの判定を受けてないか


それでは、1つずつ調べてみます!

1. どのサイトからリンクされているかの確認

自分のウェブサイトのURLがどのページで利用されているか確認できます。

こちらはこの広報ブログのデータです。

はい、見ての通り真っ白です(笑)

つまり、どこからもURLが貼られていないということですね。最初はこんなものです。あまり気にしないで次に行きましょう。

2. 検索キーワードと検索順位の確認

アクセス数やページをクリックした回数などはGoogle Analyticsでも確認できますが、グラフ下の一番右側にある「平均掲載順位」についてはウェブマスターツールでのみ確認でき、あるキーワードを検索した際に、上位何番目に自分のウェブサイトが表示されているかの確認ができます。

とても恥ずかしい数値なので、伏せました。

左側の検索キーワードを見ると、これまで取り上げた記事の内容がわかりますね。

右側の平均掲載順位はというと・・・・



これから上げていきたいと思います。

3. 検索結果に表示させたくないページをGoogle検索の結果から除外する

たとえば自分のウェブサイトの中で検索結果に表示させたくないページがある場合、そのURLを登録することで、Google検索の結果で表示しないように設定することができます。テストページなど、検索結果に表示させたくないページを公開してしまっても、この機能を知っていれば落ち着いて対処できますね。

4. サイトのメッセージから確認スパムの判定を受けてないか

最後は、自分のウェブサイトがスパム=悪質なサイトとして扱われていないかの確認です。もし急に自分のサイトがうまく表示されなかったりすると、スパムとして判定されている可能性もあります。基本的にはGoogleさんからそのメッセージが届きますので、そのとおりに対処すれば元に戻ります。検索結果に最も影響がでるので、知らないままでいると、なにが起きているんだー!となります。

はい。もちろん真っ白です。

つまり、私のサイトはとても健全で、かつ優良なウェブサイトであるということです。

(ここまで言わないと、参考にした意味がありません・・・(泣)


みなさん、ぜひ一度試してみてくださいね。そして!沈黙のWebマーケティング、ボーン・片桐が次はどんなことを教えてくれるのか、楽しみにしていてください!

次号は今月末に配信予定!


沈黙のWebマーケティング http://www.cpi.ad.jp/bourne/

CPI     http://www.cpi.ad.jp/

Jimdo http://jp.jimdo.com/